読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヌード画ってありふれてるよねえ、と今は呑気に言えますが市民権を得るまでに四苦八苦。

■□■□■   【西洋ヌード画の歴史をたどってみた シリーズ  3の②    ■□■□■  

 

スペインの宮廷画家として、フェリペ4世の庇護のもと、王族の肖像など傑作を生涯ものしてきた

べラスケスですが、ヌード画で現存している絵は下の画像だけ。「鏡の前のヴィーナス」。バロック

の巨匠の貴重な1点です。彼のもっとも有名な作品、「ラス・メニーナス(女官たち)ほどには手は

込んでいませんが、やはり鏡を使って、多角的な構成を作り、絵を見るものをして、物語を読み解

かせようとする仕掛けは同じです。

https://www.museodelprado.es/jp//15/ficha-de-obra/obra/4/ラス・メニーナスプラド美術館

                           ●

 

 

鏡を持っているのはキューピッド。ですから彼女(ヴィーナス)の子供ということになります。密室遊

戯的なエロスに満ちていますねえ。厳格なカソリックの筈のスペインでよく許されたものだと思いま

すが、「神話なので」と例によって裸婦を描くエクスキューズは一応は出来ています。しかしもしあな

たが、この絵のキューピッドを手か何かで隠してみてみたら、何のことはない、現代の通俗的なヌー

ド画と変わらないことがたちどころにわかるはずです。鏡の顔をわざと凡婦にしてるのも神話をこっ

そり否定したいがためです。

 

f:id:iwasarintaro:20141022164827j:plain

ディエゴ・べラスケス 《鏡の前のヴィーナス1650年頃 ロンドン ナショナルギャラリー

 

さて、それではもう一点。今度はロココを代表するブーシェのヌード画です。「水浴のディアーナ」。

ローマ神話の狩りの女神をテーマに、技術的には完璧でみごとです。もし問題があるとすれば、ロ

ココの絵画にまったく思想性がないという事でしょうか。享楽と快美のみに奉仕して、反モラルだと

も言えますが、それは現代の市民的な見方。フランスのルイ15世や寵姫のポンパドゥール夫人に

仕える立場では、それでいいのです。実は僕の中でもこうした頭を使わない絵画を密かに歓迎して

いるフシがありますね。ちなみに美術史は、大きくはルネサンスバロックロココと流れます。

 

f:id:iwasarintaro:20141022165231j:plain

フランソワ・ブーシェ 《水浴のディアナ》1742年 パリ ルーヴル美術館

 

それではこの絵はどうでしょう。ご存知の方も多いと思いますが、新古典派のアングルの

「横たわるオダリスク」。新古典派と言うのは、まあバロックロココの退廃を、清純に取

り戻したい運動なんです。ルネサンス以降にギリシャの見直しをもう一度やってるやってい

るようなところがあります。アングルの教科書的に有名な「泉」にしても、ギリシャのヴィ

ーナスの彫刻をそのまま絵画に置き換えたようで、多分にアカデミズム的。ただ下の絵は

官能表現がよくできています。見どころはターバンをはじめとする異国趣味もさることなが

ら、女性のポーズでしょう。ベラスケスにならって背中に多くを語らせているが、顔は鏡を

使わずみずから振りむいている。アングル独自の発明です。浮世絵なら見返り美人ですかね。

 

f:id:iwasarintaro:20141022165323j:plain

                     

 

ドミニク・アングル 《グランド・オダリスク》(横たわるオダリスク 1814年パリ ルーヴル美術館

 

こうしてヌード史を見ると、ボッティチェルリが世に生み出したヌード立像。それをジョル

ジョーネが眠ったままを草原において寝像とし、やがて寝像はティツィアーノによって寝室

に運ばれて目を醒まし、見るものを誘うまでに成長。実にベッドインするまでに3人ものル

ネサンス天才の、三段跳びのようなジャイアント・ステップを要しました。そう思うとのち

ロココも新古典も結局、このルネサンスを越えられず、周辺をうろうろしていたのではな

いかと僕は感じます。

絵画史が本当にルネサンスを乗り越えるのは、近代のマネを待ってのことかと思います。次

回、マネがどれほどドラスティックに新しかったか、いかにベラスケスを学んだか、彼のヌ

ード画「草上の昼食」を取り上げながら、説明してみましょう(この項つづく)。   

 

              

ニューズレター配信  ものがたり創造研究所  美術評論家 岩佐 倫太郎 ri@monogatari-lab.jp

 

※画像はパブリックドメインに属するものを使用しています。このメルマガは転送フリーです。