ゴッホ版の《種まく人》はいかにして誕生したのか。興味尽きない創作のプロセスと背景を追う

京都の平安神宮に近い国立近代美術館で開催されている「ゴッホ展――巡りゆく日本の夢」。

僕が一番気に入ったのは、この《種まく人》。じぶんでは珍しく複製画まで買ってしまいました。

f:id:iwasarintaro:20180211210259j:plain

《種まく人》1888年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵

© Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

 

この絵は誰もが分かるように、ミレーの《種まく人》を下敷きにしています。下の左、ボストン美

術館の所蔵する絵です。ちなみに同じ題の同様の絵が日本の山梨県立美術館にもあります。

《晩鐘》、《落穂ひろい》などでもよく知られ日本人の好きなミレーですが、多くの理解は土と共

に生きる敬虔な農村の暮らしへの共感、くらいで留まっているようです。でもゴッホがこの絵に

感応したのは、そこに込められた宗教的な意味あいです。

                           

もしミレーの絵の発想のもとを、例えば聖書のヨハネによる福音書(12章24、25節)と推定

するなら、「一粒の麦は、地に落ちて死ななければ一粒のままである。だが、死ねば、多くの

実を結ぶ」(共同訳)と記されています。また、そこではこの世での自分の生命を憎む(=惜し

まない)人は、永遠の命に至る、とも語られているのです。

父がプロテスタントの宣教師、自身も若い頃、伝道を目指したゴッホの事ですから、農夫をイ

エスに見たて、播く種をイエスの言葉としてミレーの絵を受け取めることは、きわめて自然です。

ゴッホはさらに、それが地に落ち芽を出し、何十倍となって大地に栄え、永遠の生命を獲得す

ることを、自身でもまた夢想したのではないかと思います。以上が、ゴッホがこの絵を描いた

モチベーションです。しかしながら、一途な宗教的情熱のあまり、その後の痛ましい自傷、自

死事件を引き起こす不穏な動機も、既にこの絵の中に隠されているように僕には思われます。

死ぬことによって、救われて永遠を生きる、そんな狂気じみた願望が見えはしないでしょうか。

f:id:iwasarintaro:20180211210411p:plainf:id:iwasarintaro:20180211211353j:plain

ミレー《種まく人》1850ボストン美術館 歌川広重 名所江戸百景

《 亀戸梅屋敷》1857 

さてそれでは、描画の技法ですが、これはもうゴッホがぞっこんだった広重の《亀戸梅屋敷》から

 

借用しています。下の画像の真ん中は、広重を左右反転して上下をトリミングして見たものです。

f:id:iwasarintaro:20180211212340j:plainf:id:iwasarintaro:20180211212432j:plainf:id:iwasarintaro:20180211212510j:plain

右のゴッホ版《種まく人》と比べるとどうですか、構図が重なり合いますね。それにしても、僕が

この絵に惹かれるのは、全体に何か宗教的な法悦感のようなものを宿していて、微熱を放射して

いるかのように感じるからです。背景の黄緑色は、空の青と太陽の黄色の合成色ですし、今まさ

に沈まんとする太陽は復活を約束された希望でしょう。農夫の頭にかかっていることからも、これ

を宗教画の聖人の頭部を飾る光輪(ニンブス)とゴッホはみなして描いたと僕は考えます。

浮世絵の力を借りて、ゴッホ印象派からさらに前進して、このように近代西洋画の画法に無

いグラフィックで後年の象徴主義にも近づいた絵の文法を発明しました。ゴッホは西洋で浮世

絵の精神を最も先鋭に受け止めた画家と言えます。と、ここまで書いてきて、種まく人の「種」が

何の種なのか、すごく気になりだしました。その考察を次回に(つづく)。

 

ゴッホ展(京都会場)は、3月4日まで。岡崎の国立近代美術館にて開催中。

ゴッホは浮世絵に出会って変革し、自分の才能を作り上げた。起点はこの梅の花

平成30年の節分の日、京大系のシンクタンク「21世紀日本フォーラム」の講演会に呼ばれ、スピーカーの一人としてしゃべってきました。この団体は、歴代の政権に外交や金融政策などを提言してきた伝統ある言論人の集まりですが、この日は新年会と言うこともあり、テーマは「人生90年時代」と柔らか目。そのせいか、京大名誉教授や芥川賞作家、高野山の宗務総長、関学の副学長など、次々登壇して含蓄ある話を展開され、その後の大パーティも含めて終始笑い声の絶えない和やかな半日になりました。

さて、小生がテーマで語ったのは、「江戸の花と旅文化」。花と旅にまつわる浮世絵をスライドで見て頂きながら江戸人のライフスタイルを話し、「審美眼を養い、旅を良くすればおのずから元気が出て長生きできる」」といささか我田引水な(笑)論旨を展開しました。まあ、皆さまから寛大な評価を頂戴しましたが、それは浮世絵の一部に春画を混ぜておいたせいだったかもしれません(笑)。

 

それはさておき、文化文政期からあとの江戸人の花に対する思い入れは、ちょっと尋常じゃない。現代なら花見と言えば、「桜」でしかないのが、彼らは「梅に始まり菊に終わる」花見歳時記を持っている。こうした様子を幕末に日本に来た外国人が日記に残しています。例えばトロイアの発掘で有名なシュリーマンも、トルコで発掘を始める前に、清朝末期の中国経由で日本にやってきて、「この国民は清潔を愛し、花を愛でることに於いて、きわめてすぐれている」と手放しで称賛しているのです。

f:id:iwasarintaro:20180211204841j:plain

さて、その梅の花見ですが、広重の絵の話をしながら、いよいよ本題のゴッホの絵の話に入って参ります。まずは、下の2点の《亀戸梅屋敷》をご覧いただきましょうか。亭々たる梅の幹のシルエットが画面を横切り、人物は遠景に添えられるだけ。3次元的な立体感は省略され、色は妖しいまでにぼってりと、官能的と言うか、法悦世界と言うか、非日常の色遣いです。これは西洋絵画の伝統、特に19世紀後半のパリのアカデミズムの写実的かつ立体性を尊ぶ画法から見るとトンデモな絵な訳です。しかも物語的な人物も登場しない。ところがこの絵にゴッホはぞっこん参って心酔した。そしてついには模写までやってしまっているのです。それが右の絵です。周りの漢字は、ゴッホは読めませんがデザインとして一生懸命なぞっています。ゴッホがパリで浮世絵に出会ったことは、彼の画風を激変させる大事件でした。それまでは貧しい人々の生活を、暗い暗い色彩で描いていたのですから。そのまま行くと社会主義リアリズムの画家で終わったかもしれません。

f:id:iwasarintaro:20180211204936j:plainf:id:iwasarintaro:20180211205547j:plain

 歌川広重 名所江戸百景《 亀戸梅屋敷》 1857年 ゴッホ 《日本趣味 : 梅の花》ファン・ゴッホ美術館1887年

しかしながらゴッホはパリに出て浮世絵に出会ったおかげで自己変革した。自分の源泉を発見したと言っていいでしょう。日本のイメージを求めて、2年後に南仏のアルルに旅立つのは、もう自然の成り行きのようなものです。さて次回(近日中)、ゴッホは上の梅の木とミレーをどのように再構成して、ゴッホ版《種まく人》を作り上げたか。浮世絵摂取の進化の秘密を解明し、レポートします。

 

岩佐 倫太郎 美術評論家 美術ソムリエ   

 ■予告 今年もベルギー在住の美術史家、森耕治先生と共同で、京大時計台ホールで7月15日(日)に講演会と立食懇談会を開催します。

 

 

 

あけましておめでとうございます。 平成三十年元旦

読者の皆さま、すがすがしい新年をお迎えのことと、お喜び申し上げます。

この1年が戦争など起こらない平和な年になることを、切に願っています。

f:id:iwasarintaro:20180108162735j:plain

家の近くの清荒神清澄寺。久しぶりにサインペンを使わず鉛筆で人物を描きました。

 

小生去年は、美術の世界ではジャポニスムをテーマに京都大学や朝日

カルチャーセンターなどで講演させて頂きました。「浮世絵が印象派を生

みだした」と言う、世界の美術史上の大事件を語りました。

ちなみに今年も再び京大時計台ホールで、浮世絵を起点に、ポスト印象

派、フォービスム、ピカソにつながる流れを、森耕治先生と7月15日(日)

に講演させて頂く予定です。また東京駅前にある京都大学東京オフィス

でも同趣旨の講演会を9月に開催します。

わがニューズレターもお陰さまで創刊10年、200号に近づきつつありま

す。この機会に再編集して1冊の本にまとめて刊行する心づもりです。

これからの1年も、美術ソムリエとしてアートと美術ファンの間に立って、

僕なりの視点で美の楽しみを皆さまにご案内して行きたいと思っています。                         

さて今年の美術の企画展の近々のおすすめと、秋の大型企画をいくつか

ご案内しておきましょう(番号はランキングではありません)。

 

関西の方には

  1. ゴッホ展――巡りゆく日本の夢」

1月20日から京都国立近代美術館で。力のこもった企画展で、ジャポ

ニスムを通じたゴッホ像とその日本への再受容が良くまとまっています。

 

関東の方には

  1. プラド美術館展――ベラスケスと絵画の栄光」

  2月24日から国立西洋美術館で。6月には兵庫県立美術館に巡回。

今年の大型企画の目玉です。

  1. 「至上の印象派展――ビュールレ・コレクション」

 2月14日から六本木の国立新美術館で。マネ、ゴッホ、モネなど

 の数々の優品がそろい、そのうち約30点が日本初公開。

 

そのほか秋の注目は

  1. フェルメール展」が上野の森美術館で。《牛乳を注ぐ女》が初来日。

日本では過去最大の規模。

  1. ムンク大回顧展」(仮)が東京都立美術館でやはり10月から。有名

な《叫び》もやってきます。

 

 

ニューズレター配信  岩佐倫太郎  美術評論家/美術ソムリエ

 

21世紀日本フォーラム・講演のお知らせ京大系の民間シンクタ

ンクが主催するフォーラムの新春講演会に、スピーカーの一人として呼

んで頂きました。小生のテーマは、「浮世絵に見る江戸文化」。京大名誉

教授、芥川賞作家、高野山宗務総長、関学副学長、関西棋院理事長を

はじめとする各界の著名な名士が参加し、また登壇されます。

2月3日(土)、大阪・天満橋の「大阪キャッスルホテル」で13時15分より。

詳細のお問合せ、ご参加のお申込みは 06-6624-1020 

e-mail   jf21@muf.biglobe.ne.jp 21世紀日本フォーラム事務局まで。

 

興福寺中金堂再建記念特別展   運慶  東京国立博物館③

 

f:id:iwasarintaro:20171126215853p:plain

 

f:id:iwasarintaro:20171126215941p:plain

岩佐倫太郎 美術評論家

興福寺中金堂再建記念特別展   運慶  東京国立博物館②

f:id:iwasarintaro:20171126204519p:plain

f:id:iwasarintaro:20171126204746j:plainf:id:iwasarintaro:20171126204828j:plain

左;国宝《無著菩薩立像》 右;国宝《世親菩薩立像》 奈良・興福寺蔵 写真はともに六田知弘

 

素晴らしさの一端は、誰しも思うこの2体のリアルさ加減だろう。あたかも今の時代に生きている人物のようだ。それは目に水晶を使った「玉眼」(ぎょくがん)の効果も大きい。それ以上に存在の確かさを与えるのは、姿態の造形が我々が見ても解剖学的に正しいと感じさせる点だ。背骨から首の付き方や角度など誠に説得力に富んでいて近代彫刻と何ら遜色がない。我々もロダンドガの彫刻を見るのと同じ目で見ることができる。つまりもう精神が現代と地続きなのである。人間のありのままの姿を、何の虚飾もなくフラットに見つめる眼!ルネサンスが誇ったヒューマニズムや科学精神を、それに先んずる事300年も早く実現している。

平安の仏像の様式美などとは全く違った時代精神で、造形美を創造している点で運慶は実に革新的だ。展覧会は有り難いことに、普段見れないうしろ姿なども仔細に見れる。立体表現に定評のある運慶を味わうには、なかなか得難い環境ではある。省略のきいた背中の衣文の下に窺える分厚い肉体表現や手や顔に浮き出る血管なども見どころ。

リアリズムとは決して現実の引き写しではなく、省略と強調による対象の再創造だと言うことがここでもよく判るのである。

 

会期は1126日(日)まで  公式サイト⇒ http://unkei2017.jp/

※そんな方はいないと思うけど、ダヴィデが上野に来てるわけではありません。誤解なきよう、念のため(笑)。

 

ニューズレター配信  岩佐倫太郎  美術評論家/美術ソムリエ

 ◆白鷹美術講座のごあんない◆西宮の蔵元「白鷹」が主催する「白鷹禄水苑文化アカデミー」で、絵の見方、美術館のまわり方をテーマに月例で小生のクラスをこの10月から開講中です。

次回の第2回は11月14日(火)。印象派絵画と浮世絵(春画を含む)の話。途中からのご参加も大丈夫です。お問合せ、お申込は https://hakutaka-shop.jp/academy/

 

     

興福寺中金堂再建記念特別展   運慶  東京国立博物館①

f:id:iwasarintaro:20171126203351p:plain

岩佐倫太郎 美術評論家 会期は2017年11月26日まで

写真は高野山霊宝館

北斎の江戸日本橋とセザンヌの林檎は同じ絵だ;講義録その②

マティスピカソも多くを北斎に負っている。北斎が分かれば近代絵画は分る。  

 

朝日カルチャーセンターでの公開講座1014日。講義の後半は浮世絵が

印象派を生んだという話をさせて頂いた。初めての人にとっては奇異に感じる

かもしれない。いったい、浮世絵のどこが印象派絵画のどこに影響したのか。

いつもの講演会で語っているように、いくつかの重要なポイントが揚げられる。

                   

まず、風景そのものを画題にした(広重→モネ)。ヌード像は女神に限っていた

のが、タブーを破って娼婦さえもモデルにした(春画→マネのオランピア)。色彩

が爆発した(錦絵→ゴッホ)などなど、思想的にも技法的にも、浮世絵(春画

含む)は西洋絵画に多大な影響を与えた。この辺のことは、大体ご存知だろう。

はじめは、「ジャポニスム」と名付けられた異国趣味の流行だったかもしれない。

だが、気づいて見れば、浮世絵は原理の中に、それまでの西洋美術を理論を

根底から覆す猛毒のような危険を内包していた。危険な猛毒とは何かというと、

ひとことで言えば、「視点の合成」と言えるだろう。浮世絵はルネサンス以来の

一転消失の遠近法などにこだわることなく、《神奈川沖波裏》に見る如く自由な

遠近術で風景を伸び縮みさせ、しかも《江戸日本橋》のように複数の眼の位置

で見たことを、平然と一枚の平面に表現していのだ。その毒の危険性をいち番

深刻に受け止めた画家は、西洋絵画の父と呼ばれることになるセザンヌだった。                 

 

江戸日本橋 北斎 に対する画像結果   

富嶽三十六景 江戸日本橋》 北斎1830-1833ころ 《籠のある風景》セザンヌ1888-1890ころ

             

僕の結論は、セザンヌの林檎は、北斎富嶽三十六景と同じだ、と言う事だが、

徐々に説明させて頂こう。ここを理解して通過できれば、美術の見方はウンと

広くなってラクになり、マティスピカソまで見渡せる地点に立つことができる。

                        ●

まず左上の《日本橋》。おなじみ《富嶽三十六景》の中の一点である。手前は

や車の往来でにぎわう世俗的な日本橋の風景。やや見下ろすように描かれ

ていることにも注意をとどめておいて頂きたい。そして中景に、これぞ

政治権力の象徴、江戸城が鎮座する。その奥には富嶽=富士山が、聖なる

イコンのように控えている。聖、権力、俗が3点セットで揃っているが

何だか珍妙な紙芝居の絵のような不自然さを感じる。それに加えて、川端

にずらっと並ぶ倉庫群を見て読者諸賢は何か不自然さを感じないだろうか。

我らが見慣れた西洋絵画の遠近法=一点消失法とは微妙に違うのだ。               

交点を結ばない奥行きの描き方

 

セザンヌは、言葉には決して残しはしなかったが、この東洋の絵画の中に犯しが

たい真理が含まれ、自分たちの進むべき未来が既に用意されている事に気づき、

密かに換骨奪胎を図ったと推測される。それがセザンヌの一連の卓上の果物の

絵だ。右上の絵でも、壺や籠、果物がてんでな視点から描かれ合成されている。

ルネサンス金科玉条のごとくした一点透視による遠近法は、あっさりと崩れさり、

複数の視点が同時に存在する作画法が生まれたのだ。実際にこうしたことが始ま

ってみると、「これでいいのだ!」と脳内のリアリティを反映したこちらの方がむしろ

自然で心地よいことも認めざるを得なかった筈だ。もう元に戻れない地点にまでに

浮世絵は近代絵画を推し進めてしまった。最後にセザンヌの絵画上の子孫た

ちの画風がどんなにセザンヌに負っているか、つまりは北斎に負っているか事例

2点挙げておこう。近代西洋美術の源流には北斎が居るのである(北斎、完)。 

《金魚》 マティス1912 プーシキン美術館  《ドラ・マ―ルの肖像》 ピカソ 1937 ピカソ美術館(パリ)

↑異なる視点が同一平面上に、当たり前のごとく描かれている。

 

岩佐 倫太郎  美術評論家/美術ソムリエ